2009年04月09日

カンを信じることは命を守ること。

イタリアで地震があった。
8日前から予告した学者がいた。自ら避難呼びかけを
行っていたが、市から禁止されたらしい。

しかし結局予測は当たってしまった。
彼はラドンを研究していた。
地震の前にラドンガスの濃度が急上昇するという。

ということは、もしラドンガスを計測出来れば、
個人でも地震予測が出来るのでは?!

早速ネットで調べてみた。
 

個人でラドンガスを計測する道具が売っている。
これさえあれば、個人で継続的にガスを測定出来る。

少々お値段が高いが、命の値段より安い。
ガイガーカウンターは必要なときは、もうすでに
事故が起きたときだが、
ラドンガス測定器は地震の前に分かるかもしれない。

ラドンガスの濃度と地震の関連性はまだ証明させていないが、
もし関係があるなら、この商品は買いだ。

現時点ではラドンガスの上昇が公に観測されても、
市民に警報は出ないだろう。
しかし・・・これさえあれば・・・・・。

posted by ニコプラJ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック