2009年04月25日

豚インフル メキシコで1000人超!

ニコプラです。
世界規模での危機の兆しです。

アメリカとメキシコでの豚インフルエンザは
WHOの調べで、メキシコの患者18人中
12人がアメリカの豚インフルと遺伝子の型が
一致したことを明らかにしました。
H1N1亜種で鳥・豚・人の混ざった新型です。

感染者も死亡者も拡大しています。
メキシコでの感染者は1004人になりました。
メキシコでの死亡者は68人になりました。
アメリカでの感染者が8人になりました。

現在、WHOの危機レベルフェーズは3ですが、
フェーズ4への引き上げを検討しています。

フェーズの意味について解説すると、
段階という意味ですが・・・

フェーズ3(現在のフェースです) 
人人感染は無いか、または極めて限定的。

フェーズ4(現在検討されているフェーズ)
人人感染が増加している証拠がある。

フェーズ5
かなりの数の人人感染が有ることの
証拠がある。

フェーズ6
効率よく持続した人人感染が確率。


1004人に感染者の拡大が広がっているが、
人人感染によるものだろうと推測出来る。
多分早期にフェーズ4に移行すると
見ても良いかもしれない。

以前ブログで説明したが、
フェーズ4からフェーズ6までの進行は
かなり早く、フェーズ4の発表が遅れれば
いきなりフェーズ6に至る場合もある。

どちらにしてもWHOはは正確を重んじる為、
起きた地域での調査をするのに時間が必要だ。
検査・調査をしている間にも豚インフルは
広がっていくだろう。


収束宣言や封じ込め成功宣言が出るまでは、
フェーズが進行していると考えて行動した方が
賢いだろう。
GWはお出かけどころではないかもしれない。



posted by ニコプラJ at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 豚インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック