2009年07月14日

デブが原因でインフル悪化説

CDCの発表によると、集中治療室に入った新型インフルエンザ
の患者のうち、9人が肥満だった。
喘息や糖尿病患者が重篤化しやすいのは知られていたが、
肥満が重篤化の原因になっている可能性が高い。

国内でのワクチン製造は3000万人分作れる製造スペックしか
ない。季節性用も作らなければならないから、新型用は
この数字になったわけだ。
枡添大臣は2000万人分は海外から輸入する計画を
10日に明らかにしたが、実際輸入できるかは分からない。
そもそもこの人数を割り出す方法はなんだろうか?

こういった技術は、日本は得意なはずである。
輸入するより、輸出する側に回るべきだ。
国内にはワクチンを製造できる工場は4箇所しかない。
世界にお金を支援するより、医薬品を支援した方が
よい事もある。国内のワクチンは製造できる分の
最低スペックは持つべきだろう。

粗悪なワクチンは危険だ。
私は輸入物の危ないワクチンは摂取したいとは思わない。
できることなら国内産のワクチンが欲しいものだ。
posted by ニコプラJ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 豚インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック