2009年07月22日

タミフル耐性 山口県でも発見!

二コプラです。タミフル耐性の新型インフルエンザが
また発見されてしまいました。場所は山口県。
前回の発見の時に書きましたが、今年の秋から流行する
新型インフルエンザのほとんどは耐性化するかもしれません。
理由は季節性インフルエンザのタミフル耐性化が進んで
インフルエンザの変異時に簡単に獲得する可能性があるからです。

タミフルを海外から高額でネット購入しても無駄になります。
まあ 大部分は偽者タミフルらしいですが・・・

先日、週刊誌に漢方薬を使って、タミフルより回復の早い処方について
記事を見ました。
詳しくは書きませんが、漢方を使って、免疫力を高める方法です。
数回の実験データーが載っていたので非常に興味をそそりました。
しかし、漢方は高いのと専門知識が必要なので、我々凡人には
少しばかり手の出ない代物です。

現在、数社の製薬会社で抗ウイルス薬が開発されています。
早く臨床実験が終わり、認可されれば、タミフルパニックは
収束することでしょう。

どちらにしても発見されたのは氷山の一角です。
この時期はインフルエンザは流行しない時期なのに
現在も着々と流行しています。
秋から春までの流行期には猛威を振るうかもしれません。
あまり、ニュースで取り上げられなくなりましたが、
インフルエンザと人の戦いは人間がいる限り続くものです。
油断はしないように気をつけていきましょう。

posted by ニコプラJ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 豚インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック