2009年09月03日

新型での世界の死亡者2000人越え!

二コプラです。
8月29日のWHOの発表では、世界での新型インフルエンザによる
死亡者数が2185人になった。8/23までの集計結果の人数である。

通常インフルエンザは、冬季に蔓延します。
南半球は今が冬の終わりです。南半球での流行は収まりつつ
北半球ではこれから始まるのかもしれません。
しかし、死亡者のうち大半はアメリカ地区なのが気になります。
1876人の死亡者はアメリカ地区です。
検査体制などで未検査が多い地区や、死亡者の確認を
行っていない地区が医療後進国ではある可能性もあります。

医療格差が死亡率格差に繫がるのは歴然とした事実です。
医療崩壊さえ起きなければ、日本国内での死亡率は
かなり低く抑える事が出来るはずです。
アメリカでは10月からワクチンの摂取が始まります。
現在臨床実験中ですが、今のところ問題なさそうです。

芸能人の感染報道が報じられていますが、
人の集まるところでの感染は当然です。イベントや移動などで
密閉空間で人が密集する場合は、感染を覚悟するべきです。
ウイルスは人に取り付き増えるものです。
1番の対策は引きこもりなのかもしれません。
posted by ニコプラJ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 豚インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック